CT(Computed Tomography)検査とは、Ⅹ線で得たデータをコンピューターで処理し、頭部や体の輪切りのような写真(断層写真)を撮影する検査です。

当センターのCT撮影装置はヘリカルスキャン方式で、ベッドを移動させながららせん状に撮影を行います。更にⅩ線の検出器が複数(4列)備わった装置(マルチスライスCT)なので、広い範囲の撮影が短時間で、より詳細に撮影できます。

検査目的や部位によっては造影剤を用いて腫瘍・血管・尿路系等を描出し、今までの検査では検出出来なかった異常も速やかに検出することが可能となりました。
また、3Dに画像構築することで飼主様にも分かりやすい説明アイテムとしてご利用いただくことも可能となりました。


トップページに戻る