ながの動物CTセンターは向上心あふれる動物病院の支援によって成り立っています。

頭部の疾患や鼻腔の疾患、椎間板ヘルニアなど院内の血液検査・Ⅹ線検査・超音波検査などでは分からないもしくは判り辛い疾患は、今まで東京の画像センターや大学病院等にCT検査を依頼してきました。しかし、東京までの移動の時間、費用、動物のストレス等様々な付随問題によりCT検査自体を諦めざるを得ない事もたびたびありました。

しかし、CTを個々の動物病院で運営するのは購入費用や維持費用、人手の問題により非常に困難です。

数年前から地域でのCT導入について話し合いが持たれていましたが、今回沢山の支援病院を得て実現の運びとなりました。地域にCTが存在することで、動物の移動ストレスや飼主様の時間的問題等の解決も可能となります。またホームドクターと大学の画像専門獣医師との連携により、より高度な獣医療を行うことが可能となります。


トップページに戻る